ブログトップ

サロンPRの書き方   

2012年 03月 22日

 
c0221362_1023139.jpg

みなさんこんにちは。玉城です。
この時期になると、花粉の話題が飛び交いますが、
例にもれず私も去年から花粉症を自認しています。
ただ、社内でも1・2を争うほどひどい症状のようで、かなり困っています・・・
あまり薬には頼りたくないので、何かいい策はないかと模索中です。


さて、ビューティーナビの内容を充実させてくださいというお願いを
担当からお聞きになっているサロン様も多いかと思いますが、

「何をPRしていいか分からない」
「書きたいことがいっぱいあって、どう書いていいか分からない」

というお声もよく聞きます。

そういう時は、自サロンの「ウリ」が以下のどの点に当てはまるかをまず考えてみてはいかがでしょうか。





1.低価格である
2.店内の雰囲気にこだわっている
3.少人数制である(予約人数がある程度限定されている・マンツーマンで接客ができる)
4.スタイル作品が支持されている(雑誌に載っている)
5.メニュー内容において、他と違う特徴がある・もしくはプラスアルファのメニューがある
6.駅から近い・ショッピングセンターの中にある、など立地が良い
7.営業時間が長い・遅くまで(早くから)空いている



などです。
サロンさんでは当たり前だと考えていること、実施していることが、
実はユーザーやお客さんにとってはすごくメリットになったり、嬉しいことだったりする場合も多いので、
自サロンのサービスなどについて棚卸ししてみるといいかもしれません。



そして、詳細を書く場合には
・見やすく書く(適度に改行したり、あまり長くなりすぎないよう文章を調節する)
・分かりやすく説明する(小学生に話すようなイメージ)
・具体的に書く(実際に〇〇している・全体の〇%、などイメージしやすい数字や事例で表現する)

の点を意識してみてください。

前にもお話ししましたが、
目的や用途などが「分かりやすい」商品がヒットする傾向にあるそうです。
「商品」としてのお店を、ぜひユーザーにPRしてください!

それでは。。。
人気ブログランキングへ

美容院美容室ヘアカタログアレンジ髪型パーティーヘアウエディング二次会 ヘア結婚式 髪型メンズヘアスタイル有名サロンネイルロングショートミディアムボブ 
[PR]

by bn_eigyo | 2012-03-22 10:24 | 効果事例 | Comments(0)

<< 「 価格でなく、価値を売る 」     タブレット端末やスマートフォン... >>